はらり 花園雪(今井麻美)

ツキウタ。シリーズ 花園雪「はらり」

はらり

歌手 花園雪(今井麻美)
制作者 作詞・作曲:マチゲリータ
カテゴリ ツキウタ。」キャラクターソング
収録CD 2016年7月15日発売、「ツキウタ。シリーズ 花園雪・はらり」

歌詞

遥か刻(とき)で咲いていた 思ひ出を抱きしめては
色褪せぬ、と 切なくなって行(ゆ)く季節

清(さや)か水に 映りしは 枯れ尾花の うら寂し
黒髪揺らす 時つ風が 冷たくて

幼(いときな)し頃 無邪気なあなた 雪仏の傍で
微笑む姿 思ひ出しては 恋しくて

はらり、と み雪の舞い散る 度に思ひ出す 名も知らぬ その顔
嗚呼 私に残したこゝろの一枚(ひとひら) あたたかく
はらり、と み雪の舞い散る 度に思ひ出す 名も知らぬ その顔
嗚呼 ぬくもり残して 小さくなってく 雪もよに消えてく

白む景色 悴(かじか)んだ心 斑雪(はだれゆき)の如く

藪柑子(やぶこうじ)は赤く実る 風に揺れて泣く

幾返り日々重ねて 重ねる度冴え凍る
震える体を温める術(すべ)はなく

霞の奥で矢庭(やにわ)に滲む袖口の淡色
唐傘の下 洟啜(はなすす)り陰(かげ)る泣き顔

はらり、と み雪の舞い散る 度に思ひ出す 名も知らぬ その顔
嗚呼 私に残したこゝろの一枚(ひとひら) あたたかく
はらり、と み雪の舞い散る 度に思ひ出す 名も知らぬ その顔
嗚呼 ぬくもり残して 小さくなってく 雪もよに消えてく

もう一度(ひとたび) 一度(いちど)だけでいい
名も知らぬけれど愛しあの人に 会わせてくれまいか

藪柑子(やぶこうじ)は赤く実る 揺れるこゝろの一枚(ひとひら)

関連するYouTube動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。