一切は物語 南條愛乃 feat.やなぎなぎ

一切は物語初回限定盤CD+DVD TVアニメ「ベルセルク」第2期エンディングテーマ

一切は物語

読み いっさいはものがたり
歌手 南條愛乃 feat.やなぎなぎ
制作者 作詞:やなぎなぎ 作曲・編曲:ミト(クラムボン)
カテゴリ アニメ「ベルセルク」後期エンディングテーマ
収録CD 2017年5月17日発売、シングル「一切は物語」

歌詞

鮮明な赤の緞帳を引く
歓声の中 舞台へ上がる

全て予定調和の戯曲
狂いは無い
絵画の様に

たった一字が欠けた時に結末は変わる
呆気無い程に

それが 物語

夜に隠したambition greed
朝が来る前に放て
無邪気に散り降る羽
染まるべき色は白か黒か
知らない 知りたい
木霊するostinato
誰か聴いて 誰か応えて
仮初の日々はもう要らない

曖昧な空に境界を引く
木々が眠る 火点し頃に
風が攫う次のシナリオ
主役を探す

終演後も歓声は絶えず
鳴り止まないアンコール
命続く限りに

一世はゆるやかな螺旋状
悲劇?喜劇?
さあ選んで

ほんの一秒の瞬きで空合いが変わる
闇は星の海
それも物語

朝に生まれるcling to life dream
夜を翻し穿て
身を焼くスポットライト浴び
迎えるべきフィナーレは白か黒か
演って見せて
明日へ注ぐobbligato
過去は噤む 未来は騒ぐ
使い古された脚本は要らない

結わえられた運命の緖をひとすじ緩め 他糸を重ね取る
それはまるで二重のらせんを描く様に この魂に炎を灯した

隠したambition
生まれるcling to life

幕を裂いて はじまるbel canto dawn
舞台踏み鳴らして高らかに謳えばいい
いずれ来る終曲は 白と黒と朝と夜と
響き合うcapriccioso
誰もいない客席
独りお辞儀して それでお仕舞い

bid farewell to me “さよなら”
炎を絶やして
bid farewell to me “さよなら”
炎を灯して
bid farewell to me “さよなら”
演じきるcycle of reincarnation
bid farewell to me “さよなら”
深々とbow and scrape
もうお仕舞い

関連するYouTube動画





関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。