…掲げよう、偽りなき自分を。 九十九一希(徳武竜也)

…掲げよう、偽りなき自分を。

読み かかげよういつわりなきじぶんを
歌手 九十九一希(徳武竜也)
制作者 作詞:真崎エリカ 作曲・編曲:YASUSHI WATANABE
カテゴリ ゲーム「アイドルマスター SideM」キャラクターソング
収録CD 2017年9月6日発売、「THE IDOLM@STER SideM ORIGIN@L PIECES 07」

歌詞

言葉には、嘘は吐けない。人が纏わせているだけだろう。
…だから本当を伝えたい時には、素顔を隠したくはない。
止め処なく降り注いでは、心を零して消え去っていく。
虚構という雨に打たれるまま、何時だって立ち竦んでいた…独り。

ずっと抱えていた言葉を解き放って、欠けていた文章を歌う綴る。

…ただ一小節に込めてきた想いには……偽りは無い。
どんな装丁を纏っても、それは自分だけの物語。

出会いには、嘘を吐けない。人が人を知り、変われるなら。
…だから本当に運命を感じたなら…迷わずその手を握ろう。
雲間から射し込んできた、光に照らされ歩き出した。
…変わりたいんだ。誰の為でもなく、心を表現していく為に。

きっと、一生を掛けたっていい。この夢に掲げよう、自分という旗を。

…たった一篇の小説が、感動を生み出す様に。
メロディーという頁に綴る、他の誰でもない物語。

…認めてくれたから、此処に立っている。
そう、独りでは真実にも価値なんて無いのだから。

…歌うことで込めていこう。「おれ」という、言葉に意味を。
きっと、一生を掛けたっていい。掲げよう、偽らない自分。
メロディーという頁に綴る、友と重ねていく物語。

関連するYouTube動画





関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。