刃生道 太郎太刀(泰勇気)・次郎太刀(宮下栄治)

刃生道

読み じんせいどう
歌手 太郎太刀(泰勇気)・次郎太刀(宮下栄治)
制作者 作詞:ミズノゲンキ 作曲:山田智和 編曲:宮崎誠
カテゴリ アニメ「続『刀剣乱舞-花丸-』」エンディングテーマ
収録CD 2018年3月7日発売、「続『刀剣乱舞-花丸-』歌詠集 其の九 刃生道」

歌詞(パート分け)

(太郎) 塵がつもり 磨かれて
錆が浮いて また光り

(次郎) まるで白と黒との万華鏡
それもまた綺麗でしょう

(太郎) 向こう岸とは別の道
志しを抱き 歩くもの

(次郎) 涙の味の酒を酌み
交わす

(太郎) (言葉)
(次郎) 醒めぬ
(太郎) (夢は)
(2人) 大きくあれ

(2人) まわりまわり 旅はつづく
常世に映る在った証
東西へ 風は変わる
(太郎) 出会う
(次郎) 人と
(太郎) 刃
(2人) 刃生の道

(太郎) 寄せては引く 波のよう
ついて離れ 繰り返し

(次郎) 一人ぼっち別れも言えぬまま
時はまた進むでしょう

(太郎) 行く先で嵐吹けば
運命の果てと 言い聞かせ

(次郎) 己はどこへ ともはどこへ
仰ぐ

(太郎) (空に)
(次郎) 詠う
(太郎) (背中)
(2人) 大きくあれ

(2人) めぐりめぐり 旗を上げる
いずれ倒れる荒地の上
左右へ 思い馳せて
(太郎) 出会う
(次郎) 人と
(太郎) 刃
(2人) 刃生の道

(太郎) 年経ても燃ゆる命よ
火を託して繋ぐ命よ

(次郎) 夢幻のひと夜に刻まれて
消える

(太郎) (定め)
(次郎) 残る
(太郎) (跡は)
(2人) 小さくとも

(2人) まわりまわり 旅はつづく
常世に映る在った証
東西へ 風は変わる
(太郎) 出会う
(次郎) 人と
(太郎) 刃
(2人) 刃生の道

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。