星のダイアローグ スタァライト九九組

星のダイアローグ

読み ほしのだいあろーぐ
歌手 スタァライト九九組[愛城華恋(小山百代)、神楽ひかり(三森すずこ)、天堂真矢(富田麻帆)、星見純那(佐藤日向)、露崎まひる(岩田陽葵)、大場なな(小泉萌香)、西條クロディーヌ(相羽あいな)、石動双葉(生田輝)、花柳香子(伊藤彩沙)]
制作者 作詞:中村彼方 作曲:本多友紀
カテゴリ アニメ「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」オープニングテーマ
収録CD 2018年7月18日発売、シングル「星のダイアローグ」

歌詞

あの星を掴むのはだあれ?
塔の頂上で
静かに灯った炎が アツく胸を焦がしていく

運命の輪 舞台の上で躍らされている訳じゃない
飛びたて

確かにあの日見たんだ
弾けた星のキラめき
色褪せた約束に
指が触れるまで

幕開け前に始まる
目の前で綴られてく
生まれ変わった私は
ここでキミに逢えた
もう一度

歯車が回り始めたら
二度と止まらない
季節は躊躇いを置いて進む 本気で駆け抜けて

一人だけじゃ見つけられない 夢だったから
さあ一緒に掴むよ (掴むよ)

出番をずっと待ってた
光のない舞台袖
待っている人がいる
優しい笑顔で

風に吹かれた扉絵
開かれたページの果て
誰も知らない結末
きっと明日になれば
たどり着く

いつか (tiny star) いつか (tiny star)
空に届きますように
今は (little star) 今は (little star)
なんでもない私だけど
(twinkle) 雨のあと (twinkle) 雲が去り
手のひらの上に
降り注いだ star light

あの頃には戻れない
何も知らなかった日々
胸を刺す衝撃を
浴びてしまったから

あの時キミも見たでしょう
弾けた星のキラめき
昨日のように覚えてる
キミの言葉 思い 眼差し
手を伸ばす きっとキミと二人
掴むから

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。