葛飾ラプソディー 堂島孝平

葛飾ラプソディー

読み かつしからぷそでぃー
歌手 堂島孝平
制作者 作詞:森雪之丞 作曲:堂島孝平 編曲:中山努・堂島孝平
カテゴリ アニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」オープニングテーマ
収録CD 1997年5月1日発売、7thシングル「葛飾ラプソディー」

歌詞

中川に浮かぶ 夕陽をめがけて
小石を蹴ったら 靴まで飛んで
ジョギングしていた 大工の頭領(かしら)に
ガキのまんまだと 笑われたのさ

どこかに元気を 落っことしても
葛飾亀有 アクビをひとつ
変わらない町並みが 妙にやさしいよ

中央広場で 子供の手を引く
太ったあの娘は 初恋の彼女(ひと)
ゴンパチ池で 渡したラブレター
今も持ってると からかわれたよ

何にもいいこと なかったけど
葛飾水元 流れる雲と
ラプソディー口ずさみ 少し歩こうか

カラスが鳴くから もう日が暮れるね
焼鳥ほうばり ビール飲もうか
トンガリ帽子の 取水塔から
帝釈天へと 夕陽が落ちる

明日もこうして 終わるんだね
葛飾柴又 倖せだって
なくして気がついた 馬鹿な俺だから

どこかに元気を 落っことしても
葛飾亀有 アクビをひとつ
変わらない町並みが 妙にやさしいよ

関連するYouTube動画







葛飾ラプソディー 堂島孝平」への3件のフィードバック

  1. 部長の娘の息子と同名の人

    こち亀大好きッス!!
    両さんも調子に乗らなきゃ
    成功しているだろうに、
    もったいないな。

    返信
  2. 部長の娘の息子と同名の人

    皆さん知ってます?
    部長の家ってボーリングのレーンがあるんですよ
    しかもかなり上手いです

    返信
  3. www

    皆さん知ってます?
    両さんって
    貧乏神とか、疫病神、自縛霊、死神やらと
    いろいろ憑いてるんですよw

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。