セバスチャン(小野大輔)「月の雨」

セバスチャン(小野大輔)「月の雨」

『月の雨』は、テレビアニメ「黒執事」のキャラクターソングを収録したシングル「その執事、歌唱」の収録曲で、セバスチャン・ミカエリス(CV:小野大輔)のキャラクターソング。2008年12月24日発売。

歌詞

雨の日は 庭に出て
さりげなく 聞こえてくる 弦の音 身をゆだねながら
赤い薔薇 手折ろう

彼(か)の夢が 続くなら
冬の雪 暖炉の火も
眠る息 消えないように
その身を 包もう

嗚呼 暖かい 時間(とき)が止まるのなら
記憶を込め 貴方だけ 見つめ続けよう

嗚呼 その指が この髪に触れていれば
蜘蛛の糸のように ただ 甘く切なく

月が消え 深い森
霧の城 瞳の声
その命(めい)が 下るのならば
目蓋を 閉ざそう

嗚呼 穏やかな 月明かり 照らすなら
嘘の欠片(かけら) 約束の場所に隠しゆく

嗚呼 契約の 美しき眼差しが
今夜(こよい) もまた この胸を深く惑わせる

細い 路地裏 通る風
時の 囁き 残した
想い出だけを 壊れぬように 抱(いだ)く

嗚呼 世界が 朝を迎えずとも
その疵痕(きずあと) 赦され 召されるように

嗚呼 望むまま 想いが叶うなら
光の雨 我が身を 奏で壊れゆく

関連するYouTube動画







セバスチャン(小野大輔)「月の雨」」への3件のフィードバック

  1. あ@です

    この歌は、もう少しで黒執事のベストが発売されて、その中に入っているので、
    買った時何度も聴こうと思います。

    返信
  2. しゅがー

    この月の雨を聴いて小野さんにドハマリして早三年…
    この熱はいつ冷めるのでしょうか

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。