シャングリ・ラ

アニメ「シャングリ・ラ」

「シャングリ・ラ」 STORY

21世紀半ば、止まらない地球温暖化に抗するため、国連はかつての京都議定書で取り交わされたCO2削減幅を大幅に上回る議決を強行採決する。結果、経済市場は株価から炭素へ移行された。M7.5の第二次関東大震災が発生し、都市機能が完全に停止した東京都にも、炭素税は容赦なく課せられた。東京再生計画を打ち出した都は、アトラス計画を発動する。しかし、都民全員が移住するはずだったアトラスに実際に用意されたのは、350万人分のスペースだけだった。森林化により街は森に侵食され、その結果難民が続出した。富裕層と貧困層、格差を産んだこの計画にゲリラの総統・北条國子が立ち上がる。しかし、アトラス計画には別の目的が隠されていた。アトラスランクの真の意味とは、“後継者”とは何の後継者なのか。

アニメオープニングソング

1.『キミシニタモウコトナカレ』  歌: May’n

アニメエンディングソング

1.『はじまりの朝に光あれ。』  歌: midori

2.『月に隠せし蝶の夢』  歌: midori






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。