GARNET CROW「世界はまわると言うけれど」

GARNET CROW「世界はまわると言うけれど」

『世界はまわると言うけれど』は、GARNET CROWの26枚目のシングル。2007年11月14日発売。前作に引き続き7度目の「名探偵コナン」タイアップであり、「忘れ咲き」以来約3年ぶりのエンディング担当となった。

歌詞

永い夜が朝が昼が すべてのらりくらり流れゆくよ
日々をつないでゆくにもそうね 意思というものが必要?

傷ついて泣いていた日もあった気がする
何かを信じようとして

世界はまわると言(ゆ)うけれど
何も私の中めぐるものなどないから
そっとただ窓の外ながめ
季節が移ろうのをみていましょう

優しい気持ち冷たい心 人は同時に宿すことも
気付き始めた頃には既に もう何かが壊れてたみたい

裏切らぬものはない 求めるのならば
ただみているのがいい…

世界はまわると言うけれど
つながるすべもなく取り残されたようで
ひとつひとつ消えゆく街の灯(あかり)を
意味もなく数えて過ごします

ずっと同じとこで動かずいれたなら
地球(ちきゅう)がまわってゆくのを
眺めていたいのに…いつまでも

世界はまわると言うけれど
頭上の空だけがめぐるだけです
何処へもゆかないでいる日は
この地球(ほし)の速度(はやさ)でただまわる

世界はまわると言(ゆ)うけれど
何も私の中めぐるものなどないから
そっとただ窓の外ながめ
季節が移ろうのをみていましょう

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。