坂本真綾「ループ」

坂本真綾「ループ」

『ループ』は、2005年5月11日にリリースされた坂本真綾の12作目のシングル。オリコン初登場7位とシングル作品では自身最高位をマークし、歌手としての地位を不動のものにした。NHK教育テレビアニメ「ツバサ・クロニクル」第1シリーズエンディングテーマ。

歌詞

ねえ この街が夕闇に染まるときは
世界のどこかで朝日がさす
君の手の中 その花が枯れるときは
小さな種を落とすだろう

踏み固められた土を道だと呼ぶのならば
目を閉じることでも愛かなあ?

この星が平らなら二人出逢えてなかった
お互いを遠ざけるように走っていた
スピードを緩めずに 今はどんなに離れても
廻る奇跡の途中にまた向かい合うのだろう

ねえ この街の夕闇が去り行く時に
この涙 連れてって

語りかけてくる文字を小説と呼ぶのなら
届かない言葉は夢かなあ?

澱みなく流れてく河に浮かべた木の葉で
海を目指して雲になって雨で降ろう
遠い君の近くで落ちた種を育てよう
違う場所で君が気付いてくれるといいんだけど

この星が絶え間なく回り続けているから
小さく開けた窓の外 景色を変え
私の愛した花 そっと芽生える季節で
廻る奇跡のその果て また向かい合うのだろう
向かい合うのだろう
くるるまわるくるくると
くるくるきみのまわりを

関連するYouTube動画





関連する記事



坂本真綾「ループ」」への2件のフィードバック

  1. おいっこ

    この曲大好き!!坂本真綾さんも大好きです!歌上手いなぁーって思います。アニメのツバサ・クロニクルもまたみたいなぁー!

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。