ZARD「夏を待つセイル(帆)のように」

ZARD「夏を待つセイル(帆)のように」

『夏を待つセイル(帆)のように』は、ZARDの40thシングル。2005年4月20日発売。全国東宝洋画系ロードショー「名探偵コナン 水平線上の陰謀」主題歌。じっくりと時間をかけて作り、映画のストーリーを考慮して楽曲を選曲。映画監督からの細かい指示もあり、厳密な計算の中で”温かさ・ぬくもり”を重視してセルフディレクションをした。

歌詞

ほら 今日も風が走る
光が波をつき抜け
その手グッと伸ばしたら
空に届く気がした

自分の 知らない君を
見て一瞬怖くなる
こんなにも 君が好きで
言葉がもどかしい

夏を待つセイルのように
君のことを…ずーっと…
ずっとずっと思っているよ
太陽の彼方 いっぱい
失敗ばかりしたけど…
反発しあったり、でも今は
ひとつに向かっているよ
そこには夢があるから

「ゴメンネ」の言葉ばかり
云うのはイヤだから
君には「ありがとう」の言葉を
もっともっとたくさん いいたいよ

わかりあえてた君とも
いつか温度差があったね
それでも 苦しいのは
一瞬(いっとき)だけだもんね

夏を待つセイルのように
君のことを…ずーっとずっと
ずっと抱きしめていたい
ただ 自分の気持ちに
真正直でいたいけど
それで人を傷つけることもあるね
ひとつに向かっているよ
そこには君がいるから

夏を待つセイルのように
君のことを ずーっと…
ずっとずっと思っているよ
太陽の彼方いっぱい
失敗ばかりしたけど
反発しあったり…でも今は
ひとつに 向かっているよ
そこには夢があるから

夏を待つセイルのように
君のことを ずーっと…
ずっとずっと抱きしめていたい

ただ 自分の気持ちに
真正直でいたいけど
それで人を傷つけることもあるね
ひとつに向かっているよ

そこには 君がいるから

関連するYouTube動画







ZARD「夏を待つセイル(帆)のように」」への1件のフィードバック

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。