SIMOUN(シムーン)

アニメ「SIMOUN」

「SIMOUN」 STORY

人間が必ず「女性」として生まれてくる星、「大空陸」。シムラークルム宮国では人は17歳になると「泉」へ向かい、性別を選び「大人」になる。戦争が始まり、宮国の持つエンジン「ヘリカル・モートリス」を搭載した儀式用飛行艇「シムーン」は戦闘用に改造されたが、操縦できるのは性別化されていない巫女、シムーン・シヴュラたちだけだった。そうして彼女たちは戦闘機「シムーン」の操縦士であり続けることを、つまり“少女であり続けること”を強要されることになった…。

アニメオープニングテーマ

1.『美しければそれでいい』  歌: 石川智晶

アニメエンディングテーマ

1.『祈りの詩』  歌: savage genius





関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。