ポルノグラフィティ「ヴォイス」

ポルノグラフィティ「ヴォイス」

『ヴォイス』は、ポルノグラフィティの7作目のシングル。2001年10月17日にリリースされた。シングルとしては初めての本格的なバラード作品。「いつかどこかでめぐり逢う恋人」、「人生における大切な人」に出逢うための歌。

歌詞

僕の名前を呼ぶのは誰?
遠いようで近いようで
耳の奥から聞こえたようで
空からのようで

僕の事を知っているのかい?
そうだとしたら教えて
誰かをずっと探しているそんな気がするのだけれど

きっと誰かに逢いたくて逢いたくて逢いたくて
僕は此処にいるんだ ねぇそうだろ?
何処かで待つ人よ 出逢うべき人よ
君は確かにいる 感じる

僕の頬に触れたのは何?
空からこぼれる粉雪
天使の羽は多分これより白くて綺麗なんだろう

元はひとつであるはずの心は離れて
平気なはずがないのさ ねぇそうだろ?
君に触れる以上 大切な事を
思いつかない だから行くのさ

星を数えるよりは容易く
雲の行方を知るより困難で
僕がそれを信じれるかどうかだ
左胸の声を聞け

そうさ誰かに逢いたくて逢いたくて逢いたくて
僕は此処に来たんだ なぁそうだろ?
過去がくれたのはヴォイス 明日に導くヴォイス
君が近くにいる 届くよ

関連するYouTube動画







ポルノグラフィティ「ヴォイス」」への2件のフィードバック

  1. りゅうや

    見れません
    >>現在nateでしか動画が発見できませんでした。YouTube等で見つかり次第貼り替えます。

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。