星村麻衣「ひかり」

星村麻衣「ひかり」

『ひかり』は、日本のシンガーソングライター・ピアニスト、星村麻衣の14作目のシングル。TBS系ドラマ日曜劇場「Tomorrow~陽はまたのぼる~」の主題歌として書き下ろされた楽曲。リリース前後にはメディアへの出演や、フリーライブなどの出演を積極的に行った。これらに出演の際、裸足でピアノを弾いていたことが話題となり、各種メディアで「裸足のピアノガール」の愛称で紹介されるようになった。

歌詞

何を求めここにいるの? 後ろ振り返れば
君の笑顔ぱっと咲いた揺れる花の陰で

瞳とじた闇の中に何が見えるのだろう
ただ傍で微笑む それだけなのに愛を感じている

ひかりの先に 笑顔の先に 私は明日への夢を見る
激しく胸に 残す事実に 僕らは明日への希望を知る
小さな掌の中に 生まれて旅立ったものは 無数の出来事と
誰かを導くひかり 私を導くひかり

空を動く 白い雲をじっと見つめていた
時を超えて人は今も願い祈っている

何かが変わってくれること ただ待っていたんだ
翳した手の奥に 変わる強さの 意味を感じている

明日ひかりが届かなくても見えない壁が高くても
背中合わせの光と影を 彷徨いながら歩いていく
頼りなく自分を責めて 訳もなく涙流した 眩しい陽射しの中に
誰かを愛するひかり 私を愛するひかり

明日になれば 陽はまた昇る 誰もが未来への夢を見る
果てなく続く無辺の空に 僕らは生きていく意味を知る
全てを包み込む愛に育まれ気づいたものは 心の奥にある
優しくよりそうひかり 私を導くひかり

何を求めここにいるの? 後ろ振り返れば
君の笑顔 ぱっと咲いた 揺れる花の陰で

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。