スピッツ「若葉」

スピッツ「若葉」

『若葉』は、日本のロックバンド・スピッツの楽曲で、通算34作目のシングル。2008年11月5日発売。映画「櫻の園-さくらのその-」(2008年)主題歌。スピッツの映画主題歌としては「魔法のコトバ」以来2作目の書き下ろし曲。アレンジ面では、バックで流れる持続音としてストリングスではなくエレキギターを使用するなど、同じく映画主題歌として書き下ろされた「魔法のコトバ」との差別化が図られている。

歌詞

優しい光に 照らされながら あたり前のように歩いてた
扉の向こう 目を凝らしても 深い霧で何も見えなかった

ずっと続くんだと 思い込んでいたけど
指のすき間から こぼれていった

思い出せる いろんなこと
花咲き誇る頃に 君の笑顔で晴れた 街の空
涼しい風 鳥の歌声 並んで感じていた
つなぐ糸の細さに 気づかぬままで

忘れたことも 忘れるほどの 無邪気でにぎやかな時ん中
いつもとちがう マジメな君の 「怖い」ってつぶやきが解んなかった

暖めるための 火を絶やさないように
大事な物まで 燃やすところだった

思い出せる いろんなこと
花咲き誇る頃に 可愛い話ばかり 転がってた
裸足になって かけ出す痛み それさえも心地良く
一人よがりの意味も 知らないフリして

思い出せる すみずみまで
若葉の繁る頃に 予測できない雨に とまどってた
泣きたいほど 懐しいけど ひとまずカギをかけて
少しでも近づくよ バカげた夢に
今君の知らない道を歩き始める

公式PV動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。