ゆず「桜木町」

ゆず「桜木町」

『桜木町』は、ゆず通算20枚目のシングル。2004年6月2日発売。編曲は松任谷由実の夫である松任谷正隆が手がけたが、プロデューサー・寺岡呼人の提案による、初めてのアレンジの外部発注であった。口頭で楽曲イメージを聞いた松任谷正隆が即興でピアノで弾いてみせたメロディーが、そのまま採用されたという。

歌詞

海沿いの道を 手をつないで歩いた
あの日の約束はもう叶わない夜空の星
通り過ぎてゆく 人も景色達も
気づいた時はいつもおいてけぼりになってた

季節変わり今も君の事 想い出してしまうけれど
何も無かったような顔して 今日も街に溶けて行く

さよなら もう新しい明日へ歩き出した
最後の強がり きっとこれが二人の為だよね?
待ち合わせ場所いつもの桜木町に君はもう来ない

大きな観覧車「花火みたいだね」って
笑った君の横顔 時間が止まって欲しかった

心変わり今は責めても 違う誰かの元へ
そしていつの日か忘れてゆく 君の笑顔も泪も

ありがとう さあ振り返らずに行けばいい
いつの日かまた 笑って話せる時が来るさ
初めて君と口付けた桜木町で最後の手を振るよ

変わり続けてく 見慣れてた街並も
だけど今も目を閉じれば あの日の二人がそこにはいる

繋いだその手をいつまでも離したくなかった
それでも行かなくちゃ 僕らが見つけた答えだから

さよなら もう新しい明日へ歩き出した
最後の強がり きっとこれが二人の為だよね?
待ち合わせ場所いつもの桜木町に君はもう来ない
初めて君と口付けた桜木町で最後の手を振るよ

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。