KAT-TUN「僕らの街で」

『僕らの街で』は、日本の男性アイドルグループ、KAT-TUNの3枚目のシングル。2006年10月より語学留学のためグループから一時期離れた、赤西仁を除いた5人でのシングル。日本では2006年12月7日に発売された。亀梨和也・田中聖が出演した、日本テレビ系ドラマ「たったひとつの恋」主題歌でシングル曲では初のドラマタイアップ。ジャニーズ事務所に所属するグループへの提供は初めてとなる小田和正が書き下ろした楽曲で、小田はレコーディングにも参加した。

歌詞

この小さな街で この時を生きて
僕らは 出会った あのまぶしい 夏の日

僕らはいつも 明日を見ていた
ほんの少し 背伸びするようにして

やがて いつからか 君といるこの場所が
僕の生きてゆく 世界になった
初めて君を見つけた あの日
突き抜ける青い空が ただ続いていた

淡い後悔を 誰かの涙を
いつの日か 振り返る時が来るんだろう

見えない未来に 息をひそめて
それでも僕らは 今を生きている

いつか 夢の近くまで行けるのかな
でもそれはまだ ずっと先のことみたいだ
僕らはなんだか 急ぎすぎている
大切なことさえも 忘れるくらい

今は 僕らを信じていたい
今の自分を 信じていたい
誰も 僕らを決して 認めはしないだろう
誰も決して 分かろうとはしないんだろう

探しても 探しても 見つからないけれど
確かなことは きっとどこかにあるよね
やるせない想いは 君の笑顔に消えた
街は今 たそがれて僕らを包んだ

いつか 夢の近くまで行けるのかな
でもそれはまだ ずっと先のことみたいだ
初めて君を 見つけたあの日
突き抜ける青い空が ただ続いていた

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。