flumpool「星に願いを」

flumpool「星に願いを」

『星に願いを』は、flumpoolのメジャー1枚目のシングル。2009年2月25日発売。2008年のインディーズ時代に、10曲程まとめて制作した楽曲の中のひとつであったものが原型。制作当時はミディアムバラードであったものを、楽曲をアレンジする段階においてアップテンポのものに変更された。当初は4つ打ちのダンスナンバーであったが、アレンジの工程で歌詞も含めて構想を練り直し、現在のものとして完成された。NTTコミュニケーションズ「MUSICO」CMソング。

歌詞

君がいない 日々の意味をいま知って
すべて何もかも 捨てて駆け出した
星の下で 今も心は飲み込んで
誰かのためだけに 笑ってるの?

君の生まれた町 向かい風の歩道橋の上
背中押す懐かしい歌

行かなくちゃ
この目に見えない感情が こんなにこの胸を
熱くする 満たしてゆく 壊れるくらいに
雨の日も風の日も忘れなかった
涙で濡れた笑顔
失くせない何よりも大事なモノ

いつか君と 夜空のふたつ星に
名前つけて 交わした指切り
キミはじっと 流れる星を探した
ずっと 僕の願いを祈ってた

幸せにならなきゃいけない人のために
星は夜に輝く

逢いたくて
この広い 暗い 空の下 今もしもひとりなら
なにひとつキミを包むモノも無いとしたら
逢いにゆこう
もう二度と眼をそらさない 悦びも痛みも
どんな顔も腕のなかで観ていたい

わかったんだ 幸せってさ
ふたつでひとつ ひとつずつじゃない
すべてを分け合える二人だけに許された願い

行かなくちゃ
桜の花びらが夜に 散ってしまう前に
誰よりも優しすぎる 心閉ざす前に

逢いたくて 逢いたくて いま 逢いたくて
今もしもひとりなら
なにひとつキミを照らすモノも無いとしたら
逢いにゆこう
流れ星にかけた願い 叶うのが今なら
この先に新しいふたりがいる
…行かなくちゃ

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。