布袋寅泰「命は燃やしつくすためのもの」

『命は燃やしつくすためのもの』は、布袋寅泰の通算12枚目のシングル。1996年5月24日発売。前作から9ヶ月ぶりとなるシングル。アルバム「King & Queen」からのシングルカットで、若干ヴァージョンが異なる。中高生を始め、自殺者が増加する社会情勢へ向けて作られた楽曲。ストリングスアレンジメントをSIMON HALEが担当。

歌詞

喜びも哀しみも幸福も嘘も
すべては儚い夢の中の夢
永久に続く虹など誰も見向きもしないだろう
命は燃やしつくすためのもの

黄昏に咲く花は無言の情熱
花びらせつなく夜の風に散る
冷たい月 今宵も夜空にまた独りぼっち
孤独な光がなぜか愛しい

天国は幻さ 何処にもありゃしない
気まぐれな神様の笑えないジョーク
この命は生まれて生きてただ死んでゆくだけ
奇跡を待ち続ける暇などない
暗闇恐れず大きく羽ばたけ
命は燃やしつくすためのもの

公式PV動画

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。