武田鉄矢「少年期」

武田鉄矢「少年期」

『少年期』は、映画「ドラえもん のび太の宇宙小戦争」エンディングテーマとして使用された楽曲。武田鉄矢のソロとしての代表曲のひとつ。ドラえもん映画の楽曲の中では、小学館発行の「ぼくドラえもん」第7号で読者が選ぶ「ドラデミー大賞」主題歌賞に選ばれているなど評価は高い。

歌詞

悲しい時には 町のはずれで
電信柱の明り見てた
七つの僕には 不思議だった
涙うかべて 見上げたら
虹のかけらが キラキラ光る
瞬きするたびに 形を変えて
夕闇にひとり 夢見るようで
しかられるまで たたずんでいた
ああ僕はどうして大人になるんだろう
ああ僕はいつごろ大人になるんだろう

目覚めた時は 窓に夕焼け
妙にさみしくて 目をこすってる
そうか僕は 陽ざしの中で
遊び疲れて 眠ってたのか
夢の中では 青い空を
自由に歩いて いたのだけれど
夢から覚めたら 飛べなくなって
夕焼け空が あんなに遠い
ああ僕はどうして大人になるんだろう
ああ僕はいつごろ大人になるんだろう

関連するYouTube動画

YouTube responded with an error: Access Not Configured. YouTube Data API has not been used in project 952292869100 before or it is disabled. Enable it by visiting https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/overview?project=952292869100 then retry. If you enabled this API recently, wait a few minutes for the action to propagate to our systems and retry.

武田鉄矢「少年期」」への1件のフィードバック

  1. この曲初めて聞いたのは声優の寺島 拓馬さんがカパしているので聞きました。いい曲で大好きです。

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。