山猿「ペルセウス」

『ペルセウス』は、2010年3月16日発売、山猿のミニアルバム「前回のLGMonkeesこと山猿です。」の収録曲。テレビ東京系アニメ「テガミバチ REVERSE」エンディングテーマ。猿のロゴや正体が話題となり、配信、歌詞検索、有線問合せのすべてにおいて1位を獲得し三冠を達成した “LGMonkees”(エルジーモンキース)が、遂に正体を明らかにし、早くも話題の楽曲を詰め込んだミニアルバムをドロップする。本楽曲のほか、LGYankees率いるNO DOUBT TRACKSファミリーも客演した楽曲も収録予定。今後の動向から、ますます目が離せない存在となっている山猿(ヤマザル)に大注目。

歌詞

流れ星に願いを話すなら あの場所で君とまた手を繋ぐ
幾千もの間眠ったままの 花びらのように咲いた星桜

気がかりな明日、満足げな夜すぐ生まれ変わる心は
期待はずれに咲いた喜びは あなたから貰った物でした
僕は言ったすぐまた戻れると 君が後ろに隠した両手は
見えなかったあの時の思いは ありがとうを今君に届けよう

流れ星に願いを話すなら あの場所で君とまた手を繋ぐ
忘れてきたあの空モノクロに この手紙でいつかは元のように
この願いが永久さえ結ぶなら あの場所で君とまためぐり逢う
幾千もの間眠ったままの 花びらのように咲いた星桜

鍵を掛けたあなたの温もりが 古くなるの待つ心は
イタズラがして見せた幻は うれし涙がボカス見えぬよう
君は知ってたんだね戻れぬと 君が後ろに隠した両手の
中にあったあの時の思いは 見ようとしなかった僕の弱さ

流れ星に願いを話すなら あの場所で君達と手を繋ぐ
忘れてきたあの空モノクロに この手紙でいつかは元のように
この願いが永久さえ結ぶなら あの場所で君達とめぐり逢う
幾千もの間眠ったままの 花びらのように咲いた星桜

ほらね、ありふれた様な日々が あたりまえのように側にいた君が
ずっといれると思ってたから 気にもしてなかった、ただそれだけなんだ

時間を望む場所に戻すなら あの場所で君とまた手を繋ぐ
迎えに来る悲しみに涙し 癒えることない痛みに別れをし
この別れがまたねと言える日が いつか来ると願いこの手を振る
モノクロがセピア色になる頃 いつかまたね いつかあの場所で!

関連するYouTube動画

YouTube responded with an error: Access Not Configured. YouTube Data API has not been used in project 952292869100 before or it is disabled. Enable it by visiting https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/overview?project=952292869100 then retry. If you enabled this API recently, wait a few minutes for the action to propagate to our systems and retry.

山猿「ペルセウス」」への5件のフィードバック

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。