スピッツ「楓」

スピッツ「楓」

『楓』は、日本のロックバンド・スピッツの通算19作目のシングル。1998年7月7日にポリドールより発売。アルバム「フェイクファー」からシングルカット。TBS系「COUNT DOWN TV」のオープニングテーマに起用され、本来のプロモーションビデオとは別の、同番組用ビデオクリップも制作された。

歌詞

忘れはしないよ 時が流れても
いたずらなやりとりや
心のトゲさえも 君が笑えばもう
小さく丸くなっていたこと

かわるがわるのぞいた穴から
何を見てたかなぁ?
一人きりじゃ叶えられない
夢もあったけれど

さよなら 君の声を 抱いて歩いていく
ああ 僕のままで どこまで届くだろう

探していたのさ 君と会う日まで
今じゃ懐かしい言葉
ガラスの向こうには 水玉の雲が
散らかっていた あの日まで

風が吹いて飛ばされそうな
軽いタマシイで
他人と同じような幸せを
信じていたのに

これから 傷ついたり 誰か 傷つけても
ああ 僕のままで どこまで届くだろう

瞬きするほど長い季節が来て
呼び合う名前がこだまし始める
聞こえる?

さよなら 君の声を 抱いて歩いて行く
ああ 僕のままで どこまで届くだろう

ああ 君の声を 抱いて歩いて行く
ああ 僕のままで どこまで届くだろう

ああ 君の声を…

公式PV動画

スピッツ「楓」」への1件のフィードバック

  1. ホルン様

    崎山さんめっちゃやさしそう+++
    この曲スピッツの皆さんにすごく
    似合ってる感じがする☆

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。