スピッツ「春の歌」

スピッツ「春の歌」

『春の歌』は、日本のロックバンド・スピッツの通算30作目のシングル。2005年4月20日発売。コカ・コーラ「アクエリアス」CMソング。アルバム「スーベニア」の1曲目に収録されていたが、タイアップが決まり急遽シングルカットされた。

歌詞

重い足でぬかるむ道を来た トゲのある藪をかき分けてきた
食べられそうな全てを食べた

長いトンネルをくぐり抜けた時 見慣れない色に包まれていった
実はまだ始まったとこだった

「どうでもいい」とか そんな言葉で汚れた
心 今放て

春の歌 愛と希望より前に響く
聞こえるか?遠い空に映る君にも

平気な顔でかなり無理してたこと 叫びたいのに懸命に微笑んだこと
朝の光にさらされていく

忘れかけた 本当は忘れたくない
君の名をなぞる

春の歌 愛も希望もつくりはじめる
遮るな 何処までも続くこの道を

歩いていくよ サルのままで孤り
幻じゃなく 歩いていく

春の歌 愛と希望より前に響く
聞こえるか?遠い空に映る君にも

春の歌 愛も希望もつくりはじめる
遮るな 何処までも続くこの道を

公式PV動画

スピッツ「春の歌」」への1件のフィードバック

  1. ホルン様

    いい曲です♪
    スピッツの皆さんの笑顔が最高☆
    崎山さんとか超楽しそう!
    崎山さんってやさしそうでいいですよね~♪

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。