BUMP OF CHICKEN「リトルブレイバー」

BUMP OF CHICKEN「リトルブレイバー」

『リトルブレイバー』は、BUMP OF CHICKENが1999年3月18日にリリースした、インディーズ1枚目のアルバム「FLAME VEIN」の収録曲。のちに、1stシングル「LAMP」のカップリングとしてシングルカット。この曲はインディーズ時代~2003年頃にかけてライブで歌われた際、前奏に入る前に稀に藤原基央の語り弾きが入る時があった。その歌詞の内容からファンの間で「三日月ヴァージョン」「暗闇ヴァージョン」と呼ばれているものが有名であり、その他に2001年の全国ツアーの名古屋ElectoricLadyLandでの公演や2003年の全国ツアーの赤坂BLITZでの公演でも上記の二つのヴァージョンとは異なった歌詞の語り弾きが歌われたことが確認されている。

歌詞

例えば日カゲでゆれるその花をなぜか愛しく思い
「どうにかして日なたに」と悩めたら少し強くなれる
例えば大事な人の泣くスガタに言葉がでなくても
「とっておきの唄」を聴かせてあげれればナミダも止められる

そのポケットのスミを探すのさ きっと勇気のカケラが出てくるだろう
自信を持っていいハズさ 僕ら時には勇者にでもなれるんだ

守るべきものがあれば リトルブレイバー
守るべきヒトがいれば リトルブレイバー
「どうにかして日なたでとっておきの唄を聴かせてあげよう」
だからもう泣かないで 僕が守るから

ぼくらだれでも大切なナニカをきっと持ってんだ
大なり小なり人それぞれのなにかを持ってんだ
ボクラいつでも大切なナニカの為に生きてんだ
何かに笑って何かで怒ってたまに泣いてんだ

そして守るべき時が来たなら ほうら勇気のカケラも大きくなり
ゆるぎないPRIDEになるんだ するとどうだろう何も怖くないんだ

守るべきヒトがくれる リトルブレイバー
守るべきものを誇る リトルブレイバー

ねえ単純に気高き夢のタメ 愛するヒトのタメ
できない事なんて1つでもあるかい?

もうポケットはすでにいっぱいだ そいつを誇り信じれるだろう?
大事なコトもわかるだろう? 時には勇者にでもなれるんだ

守るべきものがあれば リトルブレイバー
守るべきヒトがいれば リトルブレイバー
僕にとって唄う事が ブレイバー
全身全霊のチカラを リトルブレイバー

単純に気高き夢のタメ 愛するヒトのタメ
できないコトなんて やれないコトなんて
そんな弱さなんて 哀しいもんだろう…

関連するYouTube動画

YouTube responded with an error: Access Not Configured. YouTube Data API has not been used in project 952292869100 before or it is disabled. Enable it by visiting https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/overview?project=952292869100 then retry. If you enabled this API recently, wait a few minutes for the action to propagate to our systems and retry.

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。