サザンオールスターズ「HOTEL PACIFIC」

サザンオールスターズ「HOTEL PACIFIC」

『HOTEL PACIFIC』は、サザンオールスターズの45枚目のシングル。2000年7月19日に発売。WOWOWCMソングとなり、桑田佳祐の同CMではコスチューム(小川ローザが出演した丸善石油のCMのパロディ)や、サザンの曲としては初めてとなる本格的にダンスを取り入れた。タイトルの由来はかつて上原謙が神奈川県茅ヶ崎市東海岸南に建て、上原謙と加山雄三父子が経営していた実在の“パシフィックパーク茅ヶ崎”から来ており、この曲が持つラテン歌謡テイストや、CMでの小川ローザのパロディーなどは全て、桑田が少年期を過ごし、パシフィックホテルが全盛を誇った昭和40年代を表現している。

歌詞

ギラギラ輝く太陽が
時代の片隅へ堕ちてゆく
錆びれた海辺の国道には
現在もセピアの幻影が揺れてる

八月の濡れた誘惑が
水着の奥まで沁みた時
江の島に架かる桟橋で
恋の花火が浮かんで消えた

風に燃える陽炎みたい
空と海の偶像

灼けた Sun-Tannedの肌に
胸がJin-Jinと響く
夏の太陽が 嗚呼 燃え上がる To me
愛…渚に今日も
寄せては返すでしょうか?
砂の上で口づけした
真夏の Pacific Hotel

海より眩い情熱が
紅い夕陽に染まる頃
茅ケ崎あたりのモーテルにゃ
夏の終わりが涙で暮れた

森に眠る古城のように
夢は遥か蜃気楼

さらば青春の舞台よ
胸がJin-Jinと疼く
だのに太陽はもう帰らない To me
何故…砂漠のように
心が渇くでしょうか?
エボシ岩を見つめながら
夜霧にむせぶシャトー

ああ君の…
灼けた Sun-Tannedの肌に
胸がJin-Jinと響く
夏の太陽が 嗚呼 燃え上がる To me
愛…硝子のように
敢え無き運命でしょうか?
砂の上で口づけした
真夏の Pacific Hotel
今でも忘れない Woh, Oh, Oh
涙の Pacific Hotel

So I Love You…

関連するYouTube動画

YouTube responded with an error: Access Not Configured. YouTube Data API has not been used in project 952292869100 before or it is disabled. Enable it by visiting https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/overview?project=952292869100 then retry. If you enabled this API recently, wait a few minutes for the action to propagate to our systems and retry.

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。